初めての方へ

スポーツバイクとは

みなさんがスポーツバイクと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、山を走る為にデコボコしたタイヤのマウンテンバイクとハンドルが下に曲がった細いタイヤのロードバイクではないでしょうか?

一言でスポーツバイクと言ってもその他にも街乗り~軽いサイクリング向けのクロスバイクやハンドルが下に曲がっているのにデコボコタイヤのシクロクロスなど今は、色々な種類のスポーツバイクがラインナップされており、更に幾つものカテゴリーに分かれております。

まずは、スポーツバイクを選ぶ為の基礎知識として、スポーツバイクの種類をご紹介しましょう!

スポーツバイクとは

ROADBIKE ロードバイク

ロードバイク

下に曲がったドロップハンドルと細いタイヤが特徴のオンロードを速く走る為に作られたモデルです。

一昔前までは「ロードレーサー」と、呼ばれておりまして、自転車のF1とも呼ばれておりますので、とても軽量で軽快に走ってくれます。

自転車で1番有名なレース「ツール・ド・フランス」で使用されているのもこのモデルです。

近年では、操作性や乗り心地も良いモデルが出て参りましたので、ちょっとしたサイクリングや通勤でもよくご使用頂いております。

MOUNTAINBIKE マウンテンバイク

マウンテンバイク

山を走る為に開発されたデコボコしたブロックタイヤと衝撃を吸収するサスペンションが付いているのが特徴の皆さんよく御存じのモデルです。

昔は、タイヤのサイズが26インチでしたが、29インチが出た事で、性能と使用用途に幅が出ましたので、見た目のカッコ良さに惹かれて街乗りや通勤に使われる方も増えてきました。

CROSSBIKE クロスバイク

クロスバイク

街乗り~ちょっとしたサイクリングまでをこなす、初心者には1番扱いやすいロードバイクとマウンテンバイクの要素が混ざった(クロス)モデルです。

TREKでは、タウンユースでサスペンションが無いFX(フィットネスバイク)とフロントサスペンションが付いていてちょっとしたオフロードも走れるDS(デュアルスポーツバイク)がラインナップされております。

CYCLOCROSSBIKE シクロクロスバイク

シクロクロスバイク

一見ロードバイクの様にも見えますが、ちょっと太めのデコボコしたタイヤが付いているシクロクロス競技(陸上のクロスカントリーの様なレース)で使用する為に開発されているモデルです。

ロードバイクよりも耐久性がある為、ツルツルのスリックタイヤに交換してツーリング車として使用される事もあります。

TRIATHLONBIKE トライアスロンバイク

トライアスロンバイク

スイム・バイク・ランの3種目を続けて行う鉄人レースで使用されるロードバイクを空気抵抗が少なくなるようにアレンジしたモデルです。

平べったいフレームと真っ直ぐに突き出たハンドルが特徴的ですが、ロードレースのタイムトライアルでも同じ物を使用しております。

WOMEN’SBIKE ウーマンズバイク

ウーマンズバイク

TREKでは、男性と骨格が違う女性用にTrek Women’s Specific Design (WSD)バイクをラインナップしております。

小柄な方用に小さいサイズが出ているだけではなく、ハンドルやサドルも女性に合わせた物が初めから装備されております。

KIDSBIKE キッズバイク

キッズバイク

お父さんお母さんだけではズルい!と、いう事で、TREKではお子様用に男の子用と女の子用に分けて同じサイズをラインナップしております。

TREKならではの機能が備わっているモデルもございますので、お孫さんのいるおじいちゃんおばあちゃんも必見です!

自転車の選び方~納車まで

スポーツバイクを選ぶ前に

スポーツバイクの性能を発揮する為には、用途やサイズが合っている必要がございますが、これからスポーツバイクを始める方にそれらを把握してご購入頂くのが難しい場合がございます。

また、ご購入になられてからの1~3ヶ月がちょっとした事で何度もご購入になられたショップへ行く事となりますので、ご近所に在るに越したことはないのですが、ご自分の足りない知識と技術をキチンとサポートしてくれるショップでご購入頂きませんと不満や不安を抱えたままの楽しくないスポーツバイクライフを送らなくてはならなくなってしまいますので、ご自分で通える範囲でご自分に合ったショップでご購入頂ける事をお勧め致します。

スポーツバイクを選ぶ前に

モデル選び

モデル選び

上記でスポーツバイクの種類をご紹介致しましたが、その中では更に細分化されておりまして、グレードも分かれております。

そうなりますと「もうどれにして良いのか分からないからオススメで!」と、いう方をよくお見受け致します。

それでも全然構いませんが、次の3点の内1つでもお決め頂いておりますとモデルが絞り易くなって参ります。

  • 用途(今の所で大丈夫です)
  • 乗車予定時間もしくは距離
  • ご予算(バイクのみなのかオプションパーツも含めてか)

サイズ選び

サイズ選び

実は、自転車選びで1番大事なのがこのサイズ選びです。

サイズが間違っておりますと自転車の性能が発揮されないだけでなく、乗っている内にあちこちに痛みが出てきてしまうので、適正サイズがお選び頂いたグレードに無い場合は、グレードをご変更頂く事があるくらい重要です。

靴のサイズ選びなどと同じだと思って頂くと宜しいかと思います。

選び方は、身長、手足の長さ、柔軟性などで決めますが、当店では、なぜそのサイズになるのかもご説明させていただきます。

パーツ・アクセサリー選び

パーツ・アクセササリー選び

スポーツバイクは、初めは何も付いておりませんので、ライト、鍵、スタンド、ベルなどが必要となりますが、その他にもポンプやオイルも専用品となります。

また、ドリンクホルダーやサイクルコンピューターなどサイクリングを楽しむ上で必要なパーツもございますし、最近では、安全の為、ヘルメットやアイウェアーを合わせてご購入になられる方も増えております。

モデルにより、付かない物もございますのでお気軽にご相談下さい。

自転車の組み立て

自転車の組み立て

スポーツバイクは、工場から送られて来た時点では7割ほどしか組み上がっておりませんので、当店で組み立てをしているのですが、実は、残りの3割分を組み立てているだけでは100%の能力を発揮してくれませんので、工場で既に組み付けられてきておりますタイヤを外してホイールの調整をし直したり、各部のボルトやナットを締め直しております。

組み立て現場に遭遇した方に「新しそうなのに修理ですか?」と、勘違いされるほどですが、最初にシッカリと組み立てておかないと性能だけではなく、パーツやフレームの寿命にも差が出ますので、メンテンス費にも差が出て参ります。
※当店の組み立てについてはこちらでご紹介しております。

また、後で行うと工賃がそれなりに掛かってしまう所のグリスアップやパーツ交換も新車購入時であれば、工賃無料(油脂・パーツ代は別途かかります)で行っておりますので、レースや通勤などハードな使い方をされる方にオススメです。

ご注文頂いているオプションパーツも一緒にお取付致します。

使用方法の説明

使用方法の説明

いよいよご用意出来た自転車とパーツの使用方法と日頃のお手入れ方法を説明させていただき、サドルとハンドルの高さをご確認頂いて、ついに納車です。

自転車の納車

自転 車の納車

さあ、ついにあなたもスポーツバイクを手に入れました!

今までの自転車とは一味違うスポーツバイクライフが始まります!

まずは、近所の散策から初めてみて下さい。今まではと違った景色が見えるはずですよ!

アフターサービスについて

アフターサービスについて

自転車が当店でご購入頂いた商品で構成されおりますお客様は特別価格でアフターサービスをお受け頂けますので、詳しくはメンバーサービスのページをご確認下さい。