トレック FX3 ディスク

¥82,000(税抜)

FX3ディスクは、性能、快適さ、利便性を追求した、万能なクロスバイク。軽いアルミフレーム、カーボンフォーク、どんな天候でも確実に停まれるパワフルなディスクブレーキを採用する。通勤・通学はもちろん、フィットネスライドにぴったりの相棒となる。

クロスバイクの完成形『トレック FX3ディスク』

長い間クロスバイクの一番人気モデルを続けているのが、トレック・FX3ディスクです。最新の2020年モデルから、ディスクブレーキ仕様が標準になりました。10年ほど前に7.4FXとしてデビューして以来、フレームそのものも変わり、細かなアップデートを繰り返し、クロスバイクとしてひとつの完成形になっていると思います。

2020年モデルの特徴としては、再びワイヤー内装式が取り入れられたこと、フロントギアがロードバイク等と同様にダブル(2枚)化されたこと、リムブレーキ(Vブレーキ)仕様が廃止され、ディスクブレーキ仕様のみとなった点です。

トレック独自のアルファアルミニウム製のフレームは、高度なハイドロフォーミング技術で美しく作られています。ブレーキワイヤー・変速ワイヤーをフレーム内部に内蔵することで、見た目もスッキリ、2020年モデルは全4色のカラーバリエーションです。

FX2との違い

カーボン製フロントフォーク

前輪を支えるフロントフォークがカーボン素材で作られています。カーボンは軽量なのはもちろん、振動吸収性にも優れており、ひと回り細身なタイヤと組み合わせられていることもあり、FX2よりキビキビとしたハンドリングです。タイヤは耐パンク性の高い『ボントレガー H2 Hard-Case Lite』を使用しています。

衝撃吸収グリップ&ハンドル

更にFX3には、グミのような軟らかさを持つ「衝撃吸収グリップ&ハンドル」が装備されています。FX2よりひと回り細めのタイヤを装着しながら、乗り心地が悪くないのは、前述のカーボンフォーク&この衝撃吸収グリップ&ハンドルの効果なのです。

振動吸収 Iso-zone グリップ&ハンドル

「衝撃吸収グリップ&ハンドル」は、握る部分が半月状に作られたハンドルにカマボコ状の軟らかい素材がセットされ、その上からグリップが被さる構造です。グリップだけでは実現しない不思議な感触はぜひ店頭でご確認ください!

コンポーネントの違い

変速機や油圧ブレーキといったパーツ(コンポーネントと呼びます)には、シマノAcera(アセラ)をメインに構成されています。変速機はフロント2段×リア9段仕様で、パンツの裾が汚れにくいチェーンガードが標準装備されています。

トレックFX3ディスク コンポーネント

2020年モデルのカラーバリエーションは4色

2020年モデルのカラーの特徴は、グラフィックを抑えたシンプル仕様。ただしカラー自体が、力強いと言いますか、それぞれが個性的なのです。Rage Redはロードバイクのエモンダでも使われている人気色。マット(艶消し)ブラックとグロス(艶有り)ブラックの組み合せがカッコ良いDnister Black。ハイドロフォーミングされたフレームの曲線とのマッチングがとにかく美しいPurple Flipは、エモンダALR5でも人気のカラー、定番のホワイトCrystal Whiteは、シンプルな2020年モデルのカラーリングにとても似合っています。特にFX3に関しては、来店前から「FX3にしよう」と決めてこられる方が多いのですが、カラーに関しては、実際にお店で見て決めていただくのが一番だと思います。

トレック・FX3ディスク・2020

Rage Red

トレック・FX3ディスク・2020

Dnister Black

トレック・FX3ディスク・2020

Purple Flip

トレック・FX3ディスク・2020

Crystal White

PAGE TOP