新車注文時からのカスタム

タイヤ幅

現在の自転車のご購入方法は、メーカーがアッセンブルしたスペックのままでご購入頂くのが一般的で、コストパフォーマンスを出す為にはこの方法がベストなのですが、どうしてもコストの関係で『プロが見るともう少し上のパーツが付いていた方が良いのに』やお客様から「性能は丁度良いんだけどタイヤの太さが・・・」と、仰られる方もいらっしゃいますので、当店では、新車ご購入時であれば、工賃無料(パーツ代別)でパーツをカスタムしております。

本日、片道10kmを通う為の通勤仕様でのカスタム依頼があった7.5FXがございますのでご紹介致します。

まず、路肩のアスファルトが割れている所も走るので、タイヤが700x28cでは不安という事で32cへの変更と、パンクの心配を減らす為に一緒にシーラント(パンク防止剤)入りチューブへ交換をしました。

タイヤ幅
※4mmの差なので、写真では横幅の違いは分かりづらいかもしれませんが、タイヤ上部とフロントフォークの隙間を見て頂ければ、違いが分かるかと思います。

次にブレーキの制動力アップと音鳴き防止にブレーキ本体をSHIMANO DEOREへ交換をしました。
折角、ブレーキ本体を交換するので、性能をフルに発揮する為、ブレーキワイヤーもSHIMANO製へ交換しました。これによりワイヤーが錆び難くもなります。

これだけで初心者の方が1番心配される点は解消されますので、後は、乗って行く過程で気になってきたパーツをグレードアップされて行くと宜しいと思います。

今回のカスタムに掛かった金額は
・タイヤ2本¥8,640
・シーラント入りチューブ2本¥2,160
・前後ブレーキ本体¥4,286
・前後ブレーキワイヤー(ステンレスインナー)¥1,000
で、カスタム合計¥16,086となります。

一緒にその他のオプションパーツを取り付けた状態もご紹介!
IMG_0463
TREK 7.5FX 2014 ¥113,400
カスタム代¥16,086
防犯登録¥500
ベル¥702
キックスタンド¥2,916
前後ライト¥7,560
ペダル¥4,960
リア泥除け¥1,944
サイクルコンピューター¥6,480
鍵¥2,160
総合計¥156,708

車種により、オススメカスタム箇所が変わりますので、詳しくは店長にお尋ね下さい。

安田 隼斗

ブリッジバイクプロダクツ店主の安田です。幼少の頃から色々な自転車に乗り、五輪を目指して競技に打込んだ時期もありました。他にも中学生の頃は自転車で日本一周をした経験もある、根っからの自転車好きです。千葉県松戸市出身

関連記事

最近の記事

  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル
最近の記事 おすすめ記事
  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル
  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル

プロジェクト一覧

PAGE TOP