自転車乗車時のヘルメット着用努力義務化

2023年4月1日から、自転車に乗る全ての人は、年齢に関係なくヘルメットを着用しなければならず、また他人を自転車に乗せる際にも同様にヘルメットを着用させることが努力義務となります。この法律改正は、自転車利用者の安全確保を目的としており、命を守るためにヘルメットの着用が必要不可欠です。自転車に乗る際には、しっかりとヘルメットをかぶり、安全な運転に努めるよう心がけましょう。

適切なヘルメットの選び方

ロードバイク、マウンテンバイク、キッズ、街乗り(クロスバイク)など、ヘルメットには様々な種類があります。使用目的に合わせて選ぶことが大切です。

ヘルメットの被り方

正しいヘルメットの被り方は、まず適切なサイズを選ぶことです。頭に正しくフィットするように調整し、走行中や転倒時にヘルメットがずれないようにするストラップを正しく調整します。ヘルメットを掴み、前後に揺さぶってみましょう。正しくフィットしたヘルメットは、快適なままで前後に動いたり、視界を妨げたりすることはありません。

ヘルメットの交換時期

ヘルメットは、シェルおよびライナーが部分的に破損することで衝撃を吸収するように作られています。すべてのダメージが目で見えるわけではありません。ヘルメットが衝撃を受けた場合は、損傷していないように見えても新品に交換することをおすすめします。

また、ヘルメットには使用期限があり、明らかな摩耗が生じた場合は交換する必要があります。さらに、ヘルメットに使われるパーツは、時の経過とともに強度が低下するため、衝撃や損傷がなくても、購入から3年程度が経過したヘルメットは交換するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません。