通勤通学を含めた街乗りマウンテンバイクにもおすすめ|トレック・マーリン7

トレック・マーリン 7 ¥78,000(税抜)

マウンテンバイクは本来、未舗装路を走り回るために作られたものですが、実は街乗りでも使いやく、クロスバイク的な用途としても人気があるのです。今回のブログでは、トレックのラインナップの中で、最もお求めやすいマウンテンバイクとなる『MARIN(マーリン)』を紹介します!

マウンテンバイクのトレンド大径29インチホイールを採用

マウンテンバイクのホイールサイズといえば、以前は26インチが主流でした。現在でもホームセンターなどで売られているマウンテンバイクルックの自転車は26インチのようですが、本格的なマウンテンバイクは大径ホイールの29インチに移行しています。マーリンも29インチを採用しており、フレームやサスペンションフォークも大径ホイールに対応して作られています。

29インチ/27.5インチが選べる、スマートホイールサイズ

29インチホイールのメリットはたくさんありますが、乗り方や身長によっては、かなり大きく感じられるのも事実。そこでマーリンでは、フレームサイズに応じて、29インチと27.5インチを選ぶことが出来る『スマートホイールサイズ』を採用。

27.5インチ/29インチのサイズ比較(写真の白いバイクは国内未発売モデル)

目安としては身長が165センチを超える方は29インチ、未満の方は27.5インチを選ばれるのをお勧めしています。フレームサイズについては、身長以外の要素も関係してきますので、店頭でご相談ください。

コンポーネントはロックショックス&シマノ

マーリン7には、ロックアウト機能を備えた100mm トラベルのロックショックス製サスペンションフォークを採用。変速機は2×9速のシマノ製を使用しています。

リアディレーラー(変速機)には、外側への出っ張りを減らして、障害物に当たりにくくした『シマノ・シャドータイプ』を搭載。上位機種譲りのデザインもカッコ良いです!

シマノ製油圧ディスクブレーキ搭載

ブレーキシステムもシマノ製 油圧ディスくブレーキを搭載。雨の日でも安心してブレーキをかけることができます。

内蔵ワイヤリング仕様

ケーブルの寿命を伸ばし、雨や泥などから保護する内蔵ワイヤリング仕様です。

キックスタンドを装着可能

フレームにキックスタンド(別売り)を確実に固定できます。また泥除けやキャリアなどのオプションに対応しています。

カラーリングは2パターン

カラーバリエーションは2種類。トレックの定番、バイパーレッドのほかに、角度によって見え方が変わるエメラルドアイリス(グリーン系)がございます!

廉価モデルのマーリン6もラインナップ!

共通のフレームを使用しつつ、各部を少しずつダウングレードした『マーリン6 ¥65,000(税抜)』もございます!

トレック・マーリン7は、通勤通学を含めた街乗りはもちろん、ちょっとした林道や耐久レースなどを楽しむのにピッタリのマウンテンバイクです。初めてのマウンテンバイク、初めてのスポーツサイクルをお考えのお客さま、お気軽にブリッジバイクプロダクツにご相談ください。

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません(笑)

関連記事

最近の記事

最近の記事 おすすめ記事

プロジェクト一覧

PAGE TOP