スポーツサイクルのお手入れの基本「タイヤの空気を入れる」

せっかく買ったスポーツサイクル。良い状態で長く使いたいものですよね?お店側も同じ思いです。それでは実際に、どんなことに気をつけていれば良いのでしょうか?

タイヤの空気を入れる

基本中の基本ですが、実は意外と見落としがちなんです。適正な空気圧を維持するだけで、楽に漕げるし、パンクのリスクも減らせますし、タイヤの偏摩耗も防げます。タイヤの空気圧を適正に〜なんて書くと難しそうですが、目盛りのついた空気入れで、定期的に空気を入れるだけ。

ロードバイクはタイヤが細い上に、空気圧も高いため空気が漏れやすく、出かける前に空気を入れる習慣をつけるのがベストです。クロスバイクは、そこまで頻繁に行う必要はありませんが、週に1回〜2週に1回くらいは入れたほうが良いでしょう。マウンテンバイクは、町中での利用であれば、クロスバイクと同様に1〜2週に1回くらい、オフロードを走る方は、ロードバイクと同様に行うのがベストでしょう。

スポーツサイクルには専用の空気入れが必要

一般的なシティサイクルと、スポーツサイクルで異なるのは、空気を入れる金具(バルブ)の形状が異なっていること。スポーツサイクルは、シティサイクルと比較して、空気圧が高いこともあり、左の自動車やオートバイと同様の米式バルブ(シュレッダー)や、右の自転車専用の仏式(フレンチ)バルブが使われています。シティサイクル用の空気入れでは、アダプターが必要な場合や、圧力を上げることが出来ない場合があるため、専用の空気入れが必要です。

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません(笑)

関連記事

PAGE TOP