ロードバイクとは

ロードバイクとは

下に曲がったドロップハンドルと細いタイヤが特徴のオンロードを速く走る為に作られたモデルです。

一昔前までは「ロードレーサー」と、呼ばれておりまして、自転車のF1とも呼ばれておりますので、とても軽量で軽快に走ってくれます。自転車で1番有名なレース「ツール・ド・フランス」で使用されているのもこのモデルです。

近年では、操作性や乗り心地も良いモデルが出て参りましたので、ちょっとしたサイクリングや通勤でもよくご使用頂いております。

トレックのロードバイク

ロードバイクの進化は目まぐるしく、昨今のモデルは非常に軽量な上に強度も高く、快適性も兼ね備えています。トレックには、走り方、楽しみ方に応じて、様々な特徴をもったモデルが展開されています。

最適なロードバイク選びは、どんな楽しみ方をしたいのかをイメージすること、その上で、各バイクのどんな特徴を優先するのかが大切です。どうぞお気軽にご相談ください。

MADONE – マドン

エアロダイナミクスに特化した最速のロードバイクが『MADONE』速くて軽く、スムーズで、スピードと操作性をできるだけ高めるようデザインされています。

ロードレースやトライアスロンで勝利したいライダーに最適。エアロなKVF形状を採用したフレーム設計、専用エアロハンドルバーとステムなど、エアロダイナミクスを徹底的に追及しながら、シートチューブに振動吸収機構IsoSpeedを採用することで乗り心地を改善した万能なロードバイクでもあります。IsoSpeedのしなり具合を好みに応じて簡単に調整することも出来ます。

DOMANE – ドマーネ

安定性に優れたジオメトリーと、路面からの衝撃を吸収するIsoSpeedテクノロジーを搭載する『DOMANE』ロングライドでの疲労を軽減するロードバイク。

機敏さよりも安定性を重視し、前傾姿勢になり過ぎないフレーム設計はレースに出場しない多くのライダーにも最適。カーボンモデルは今年フルモデルチェンジを果たし、フレーム前後の振動吸収機構IsoSpeed、内蔵ストレージ、38cのタイヤを飲み込むタイヤクリアランス、セミエアロフレームなど全方位に進化しています。

EMONDA – エモンダ

各グレードにおいて最軽量バイクを提供するというコンセプトに基づき作り出されたのが『EMONDA』すべてが削り落とされた軽量バイクは、強烈なペダリングに応える最高の反応性で、ヒルクライムはもちろん、オールラウンドに楽しめるロードバイクです。

伝統的なフレーム形状とジオメトリーにより、ロードバイクらしい軽快さをストレートに楽しめるモデル。ヒルクライムレースでタイムを削りたいライダーにも軽量性と反応性は大きなアドバンテージになるでしょう。アルミモデルのエモンダALRは昨年モデルチェンジを果たし、フレームは美しく進化、更にディスクブレーキモデルが追加されました。

CHECK POINT – チェックポイント

グラベルからシクロクロスレース、通勤やシティライドまで楽しめる『CHECK POINT』は、幅広いタイヤクリアランス、高い拡張性をもつ多用的なバイクです。あらゆるシチュエーションに応じてカスタマイズできるようにデザインされています。

グラベルや林道を含むライドや、荷物をたっぷり積んだツーリングにも最適。最大45cのタイヤクリアランス、チューブレスレディホイールなど、荒れたグラベルを思い切り楽しむことができます。カーボンモデルには振動吸収機構IsoSpeedを採用。ロングツーリングに必要な荷物をフレームに積み込むため、フレーム各部にはマウントが設けられ、通勤にも使えるよう、フェンダーマウントも前後に備えています。

BOONE & CROCKETT – ブーン・クロケット

シクロクロスレース用にデザインされた『BOONE』は、カーボンフレームに独自のIsoSpeedテクノロジーを搭載。『CROCKETT』は『BOONE』と同じジオメトリーを採用したアルミフレームのシクロクロスバイクです。

SPEED CONCEPT – スピードコンセプト

『SPEED CONCEPT』は高性能トライアスロンバイクです。エアロ効果を生む完璧な一体性と、優れたフィットを持ち、レースに必要なものを全て搭載することができます。

 

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません(笑)

関連記事

最近の記事

  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル
最近の記事 おすすめ記事
  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル
  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル

プロジェクト一覧

PAGE TOP