2021年モデル・トレック・チェックポイントALR5登場

トレック・チェックポイントALR5 ¥219,000 (税抜)

グラベルライド、バイクパッキング、そして毎日の自転車通勤、驚くほど万能なグラベルロードバイク『トレック・チェックポイントALR5』の2021年モデルが登場しました。チェックポイントには、カーボンフレームモデルの『チェックポイントSL』アルミフレームの『チェックポイントALR』『チェックポイントAL』のバリエーションがあり、この『チェックポイントALR5』は、軽量なハイエンドアルミフレーム採用のモデルに位置づけされます。

グラベル専用コンポーネント『シマノGRX』搭載

2021年モデルでは、変速機やブレーキといったコンポーネントに、グラベル専用のシマノGRXが新搭載されました。

グラベルライドに最適化されたシマノGRXのドライブトレインは、フロント46-30、リアカセット11-34の、2×11速。リアディレーラー(変速機)には、チェーン暴れを抑制するスタビライザーを搭載。更にフロントディレーラー部のフレームにはチェーンキーパーを装備しています。

フラットマウントされる前後の油圧ディスクブレーキもシマノGRXを採用。雨や泥などの悪条件にも強く、軽い握力で充分な制動力を発揮するコントロールしやすいブレーキです。

軽量なアルファ300アルミ製フレーム

フレーム自体に2020年モデルからスペック変更はありません。トレック独自のアルミ素材、アルファ300シリーズアルミニウムをハイドロフォーミング加工した美しいフレームです。

前輪を支えるフロントフォークには、軽量なカーボン素材を使用。手や腕に伝わる路面からの振動を軽減します。

前後方向にスライドさせることで、ジオメトリーをライダーの好みに合わせることができるStrangleholdドロップアウトを搭載。変速機を持たないシングルスピード化することもできます。

乗りやすい幅広タイヤと、大きなタイヤクリアランス

安定性とトラクションに優れたボントレガー GR1 Compタイヤ(サイズ 700x40C)を採用。広大なタイヤクリアランスで45cサイズまでのタイヤを装着できます。(メーカー銘柄によって不可の場合もあり)

悪路走行でも疲れにくい工夫

最上部にフォームパッドを一体化させたボントレガーElite IsoZoneハンドルバーは、長時間のライディング、悪路走行でも疲労を軽減します。

自分好みにカスタマイズ

ダウンチューブとシートチューブの2か所はもちろん、ダウンチューブ下やトップチューブにボトルホルダーを始めとしたグッズの取り付けが可能です。(オプション装着写真)

キャリアやフェンダーを装着しやすいフレーム設計。ライダーに合わせたカスタマイズを楽しめます。(オプション装着写真)

ライトやサイクルコンピューターをスマートに装着できるブレンダーシステム。(オプション装着写真)

トレック・チェックポイントALR5は、こんなバイクです。

グラベルロードというユニークなカテゴリーに属するチェックポイントですが、一般的なロードバイクとしても充分に活躍します。また、幅広なタイヤからくる安定性、乗り心地の良さ、カスタマイズのしやすさ等から、通勤バイクとしても非常に使いやすい万能さを持っています。グラベルロードとロードバイクの比較でお悩みのお客さま、お気軽にブリッジバイクプロダクツにご相談ください。

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません(笑)

関連記事

最近の記事

最近の記事 おすすめ記事

プロジェクト一覧

PAGE TOP