ロードバイクとクロスバイクの違い

ロードバイクとクロスバイクの違い

クロスバイクやロードバイクを選ばれるお客様から、よく聞かれる質問です。スポーツサイクルを大きくジャンル分けすると、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクに別けられるのですが、クロスバイクはロードとマウンテンの中間、ロードバイクの軽快さとマウンテンバイクの安定性を持ち合わせたスポーツサイクルなのです。

車体的には、マウンテンバイクからブロックパターンの太いタイヤや、サスペンション機構など、オフロードを快適に走るための装備を省いて、軽量化したようなつくりをしています。ですから、車体のジオメトリー(形状や位置、寸法など)としてはクロスバイクはマウンテンバイクに近いといえるでしょう。

ただし、クロスバイクというカテゴリーは、非常に幅広いのが特徴で、ロードバイクとマウンテンバイクの中間にカテゴライズされるものであれば、殆どのスポーツサイクルをクロスバイクと呼ぶこともあるようです。

例えばマウンテンバイクに近いサスペンション付きのクロスバイク、ロードバイクにマウンテンバイクのようなハンドルを取り付けたクロスバイク、最近ではファミリーサイクルからカゴや泥除けなどを外しただけのような、スポーツサイクル風に仕上げられた安価な商品も、クロスバイクとして販売されています。

ハンドル形状の違い

ロードバイクには、ロドップハンドルと呼ばれる下側に大きくカーブした特徴的なハンドルが装着されています。そのため、乗車姿勢も比較的、前傾姿勢となります。クロスバイクには、マウンテンバイクのようなバーハンドルが用いられることが多く、乗車姿勢は比較的立ち気味です。

前述のように、比較的リラックスした乗車姿勢をとるクロスバイクに対し、ロードバイクは前傾姿勢です。ある程度は調整もできますが、自転車自体の元々のコンセプトが異なりますので限界があります。ハンドル形状が異なるということは、組み合わせられるブレーキレバー/変速レバーの形状も異なります。

乗車姿勢の違い

上体を起こし気味のクロスバイクの乗車姿勢は、前傾姿勢に慣れていないスポーツサイクル初心者の方や、交通量の多い街乗りなどでは使いやすいでしょう。ただし、50キロを超えるようなライディングでは、体重のほとんどをサドルで支えることになりますので、お尻が痛くなりがちです。

前傾姿勢をとるロードバイクの場合は、ハンドルとサドルに荷重が分散されるために、快適に走り続けることができます。また、ドロップハンドルは握る位置により、身体にかかる負担や、ペダルを漕ぐ力加減を変えることも出来るメリットがあります。

フレーム形状の違い

取り付けられているハンドル形状の違い、使われるスピード域の違い、元々のコンセプトの違いは大きく、一見似たようなフレームに見えるかもしれませんが、クロスバイクとロードバイクのフレームは完全に違うものです。

クロスバイクにドロップハンドルを取付ければ、ロードバイクになるのでは?と相談されたことがあります。様々なパーツを交換することで、物理的には出来ないことはないのですが、ドロップハンドルの付いたクロスバイクでは、ロードバイクのような走りは出来ませんので、もしハンドル交換の目的が、ロードバイクのような走りや楽しみ方を目指してある場合は、おすすめしません。(交換費用が無駄になる可能性が高いということです)

タイヤ幅の違い

クロスバイクとロードバイクのタイヤ幅を比較

一般的にタイヤを細くすると、ペダリングが軽快にでき、逆に太くすると乗り心地が良くなります。殆どの場合、ロードバイクには幅25ミリ前後のタイヤが装着されており、クロスバイクの場合は30ミリ以上の幅のタイヤが装着されています。

タイヤ幅は、交換の際に規定の範囲内で変更することも出来ますが、装着できるタイヤ幅は、ホイール(リム)幅に依存しますので、どちらのタイプにしても限界があります。

ブレーキ形式の違い

ロードバイクに多いブレーキ形状

ロードバイクによく用いられるブレーキ形状は、太いタイヤを装着することが難しいため、殆どのクロスバイクには、マウンテンバイクに使われる左右のアームが独立したタイプのブレーキが多く用いられています。

クロスバイクに多く見られるブレーキ

ただし、ロードバイクにもクロスバイクにもディスクブレーキが採用されることが多くなりましたので、このブレーキによる違いは少なくなりつつあります。

ディスクブレーキ

まとめ

クロスバイクにするか、ロードバイクにするか、一概に初心者=クロスバイクという訳でもありませんので、大いに迷うポイントですよね。まずは、来店後、お客様がスポーツサイクルを買う目的や、それに乗って叶えたい夢をお聞かせください。初めてのスポーツサイクル選びのお手伝い、全力でバックアップ致します!

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません(笑)

関連記事

PAGE TOP