2021年モデル・トレック・ドマーネAL2ディスク登場

トレック ドマーネ AL2 2021モデル

トレック ドマーネ AL2 2021モデル

トレック・ドマーネAL2 ¥105,000 (税抜)

お求めやすいお値段のドマーネALシリーズの2021年モデルが発表されました。新設計のアルミフレームがなんと言ってもカッコ良いです。10万円台のエントリーロードバイクがここまでカッコよくなるとは、良い時代になったものです。

また、あらゆる天候で高い制動力を発揮するディスクブレーキを搭載しています。ロードバイク入門用としてはもちろん、通勤通学用としてもおすすめしやすいロードバイクです。簡単に解説していきます。

新しいアルミフレーム

2021年モデルとして新設計されたアルミフレームは、エントリーモデルとは思えないカッコ良いフレームデザインと大きなTREKのロゴが特徴。フレーム素材はトレック独自の200シリーズアルファアルミニウムで、目立たない溶接痕や変速/ブレーキケーブルをフレームに内臓するなど、上位グレードと同様の技術を盛り込んでいるほか、エンデュランスジオメトリーと呼ばれる安定性が高く長時間のライディングでも疲れにくいフレーム設計を採用してます。

フレーム前方からのアップです。非常に深みのあるペイントです。オーバーサイズのアルミチューブを採用しており、ハイドロフォーミングという技術を用いて、各チューブを形成し剛性と軽さを上手くバランスさせています。ヘッドチューブ(ステアリングの軸が納まる部分)の造形なんて、まるでカーボンフレームのようです。

また、フレーム内にワイヤーを内蔵することで、外観がスマートに見せているのと同時に、ワイヤーを雨や砂埃などから守る効果もあります。

ワイドなタイヤと新設計のカーボンフォーク

前輪を支えるフロントフォークには、カーボン素材を使用しています。カーボンにすることで路面からの細かな振動をハンドルに伝えにくくする効果があり、長時間のライディングで疲労軽減につながります。2021年モデルのドマーネAL2ディスクのフロントフォークは、タイヤとのクリアランス(隙間)を大きくデザインすることで、ワイドタイヤ(700×32c)を装着するとで、更に乗り心地と、疲労軽減効果をアップさせています。

ステアリングの軸となる部分(コラム)は、上位機種と同じように上下の径が異なる(下側が大きい)テーパー形状を採用することで、ダイレクトなハンドリングとハイスピードでの安定感を増しています。2021年モデル、見た目だけではありません。ロードバイクとしてのベースとなる性能をしっかりアップさせています。

コンポーネントはシマノ・クラリスとテクトロ製メカニカルディスクの組み合わせ。

コンポーネントはシマノクラリスをメインとする前2段×後8段の16段変速。ディスクブレーキはテクトロ製の機械式キャリパーをフラットマウントしています。ディスクブレーキのため、ブラックアウトされたホイールリムもカッコ良いです。

クランク(写真右側の大きなギアの付くパーツ)のみ、シマノRS200を使いコスト調整を行っています。変速性能に関しては同じシマノですので、問題ありません。もちろんコンポーネントに関しては、ドマーネAL2ディスクに採用されているクラリスより、上位機種のSORAのほうが良いですし、更に上位機種のティアグラのほうが更に〜と考えるのは当然です。

2021年モデルのドマーネALディスクは、シマノSORA+テクトロ機械式ディスクブレーキを使用したドマーネAL3ディスク ¥125,000(税抜)と、シマノ ティアグラ+ティアグラ油圧ディスクブレーキのドマーネAL4ディスク ¥159,000(税抜)を同時にリリースしています。ご予算に応じて、ご検討ください。購入時/購入後に、クランクアームのみグレードアップしたいといったご相談に応じることも出来ますし、クラリスでもティアグラでも、デュラエースでも同じようにしっかりと組み立て調整しますので、ご安心くださいね。

ドマーネAL3ディスク(2021) ¥125,000(税抜)  左:Crystal White/Matte Trek Black 右:Lithium Grey/Volt

ドマーネAL4ディスク(2021) ¥159,000(税抜)  左:Era White/Carbon Smoke  中央:Gloss Radioactive Red/Matte Black 右:Gloss Trek Black/Matte Trek Black

幅広い拡張性で自転車通勤にも最適

ドマーネALシリーズの特徴として、これまでもリアキャリアやフェンダー(泥除け)対応マウントなど、幅広い拡張性を持っていました。2021年モデルは更にディスクブレーキとワイドタイヤを採用したことで、自転車通勤にも大活躍しそうです。

春以降、自転車通勤に使う自転車の相談が急増しました。通勤の距離によって、おすすめの車種も異なりますので、その辺りはお気軽に御来店頂ければと思います。

オプション(別売)のリアキャリア/リアLEDライト

スマートフォンやサイクルコンピューターに速度などのデータをBluetoothで送信するデュオトラップSセンサー(別売)に対応

ボトルケージやポンプなどのオプションをフレームに装着することが出来ます。

ハンドルステム部に、別売りのサイクルコンピューターやライトをスマートに装着できるブレンダーシステムを搭載しています。

カラーは2種類

カラーバリエーションは、これまで紹介したグロス ミュルザンヌ ブルーのほか、トレックブラックの2種類。どちらのカラーも、このクラスではあまり見かけない深みのあるペイントです。

カラー / Trek Black/Carbon Smoke

カラー / Trek Black/Carbon Smoke

トレック・ドマーネAL2は、こんなバイク。

2021年モデル、トレック・ドマーネAL2は、初めてのロードバイクとしてはもちろん、ワイドタイヤの安心感と、悪天候でも高い制動力を発揮するディスクブレーキ、フェンダーやキャリアに対応したマウントなど、自転車通勤でも大活躍しそうなロードバイクです。

自転車通勤というと、クロスバイクを連想しがちですが、距離によってはロードバイクのほうがおすすめの場合もございます。ご通勤される距離はもちろん、様々な条件によっても、おすすめする自転車は変わってきます。自転車通勤をお考えの方、お気軽にブリッジバイクプロダクツにご相談ください。

安田 隼斗

ブリッジバイクプロダクツ店主の安田です。幼少の頃から色々な自転車に乗り、五輪を目指して競技に打込んだ時期もありました。他にも中学生の頃は自転車で日本一周をした経験もある、根っからの自転車好きです。千葉県松戸市出身

関連記事

最近の記事

  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル
最近の記事 おすすめ記事
  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル
  1. トレック ドマーネ AL2 2021モデル

プロジェクト一覧

PAGE TOP