9月は祝日やイベント参加のため営業日の変更や営業時間の変更がございます

トレック最新2022モデルのクロスバイクの選び方|FXシリーズを徹底比較

FXとFX Sportを比較!

トレックのFXシリーズはクロスバイクの中でも、大定番と言える人気車種のひとつです。快適性、使いやすさ、スポーツサイクルらしい乗り味、カラーバリエーション、デザインなど、初めてのスポーツサイクルとしてはもちろん、ベテランライダーのセカンドバイクとしてもおすすめの1台です。

2022モデルのFXシリーズには、大きく分けてFXとFX Sportの2種があります。FXの価格帯は、約6万円~10万円、FX Sportは約24万円と大きく異なります。

FX (約6万円~10万円)

FX Sport (約24万円)

フレームの素材

カーボンフレームの製造工程

FXはアルミフレーム、FX Sportはカーボンフレームを採用しています。より趣味性の強いロードバイクにも用いられることの多いカーボン素材は、アルミ素材と比較して軽量な上に振動吸収性に優れ、より快適な乗り味になります。ただし高価になってしまうのが難点です。

フレーム設計(ジオメトリー)の違い

自転車のハンドリングや安定性といった乗り味を決めるのは、ジオメトリーと呼ばれるフレームの各部分の長さや角度です。FX は快適性を重視し、乗車姿勢を立て気味にすることで、スポーツサイクルが初めての方も安心して乗りこなせる安定志向のフレーム設計(ジオメトリー)になってます。FX Sportのフレームは、FXと比較すると乗車姿勢がやや前傾になり、スポーツ性を重視したフレーム設計です。FXは、街乗りで前方を見渡しやすく、ロードバイクのように爽快に走るにはFX Sportがおすすめです。このように、FXとFX Sportは、異なるジオメトリーを採用することで、同じクロスバイクではありますが、異なるキャラクターのバイクになっています。

ジオメトリーによって、自転車の乗り味は大きく変わってくるのです。

FXのフロントフォークの素材

FX3以上に装着されるカーボンフォークは、軽量なだけでなく、走行中の細かな振動を吸収する効果があります。

前輪を支えるフロントフォークの素材による振動吸収性の違いにより、走行中の快適性が変わってきます。FX1はスチール(鉄)、FX2はアルミ、FX3以上はカーボン製のフロントフォークを使用しており、スチール < アルミ < カーボンの順に振動吸収性/快適性が高まります。また重量も軽くなります。

FX2のアルミ製フォーク

FX1のスチール製フォーク

ブレーキ

FXシリーズはすべて、制動力が高く雨天でも安定して止まれるディスクブレーキを搭載。FX 1はメカニカル(機械式)ディスクブレーキ、FX 2以上はハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキで、ハイドロリックディスクブレーキの方が少ない力で楽にスピードコントロールができるメリットがあります。また同じハイドロリックディスクブレーキでも、価格が上がるにつれてブレーキのグレードが変わります。

メカニカル(機械式)ディスクブレーキ

ハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキ

衝撃吸収ハンドル&グリップ

ハンドルを握るグリップ部にも違いがあります。FX SportsとFX3には、トレック独自の衝撃吸収技術が盛り込まれたハンドル&グリップを装備しています。これはハンドルの断面をD型(通常は円型)にし、凹んだ部分に軟らかいシリコン素材を使うことで、手に伝わる衝撃を吸収させる効果を狙ったものです。

IsoZone Plus 振動吸収グリップ (FX Sport / FX3)

エルゴグリップ (FX2 /FX1)

車体重量

2022年モデルFX各モデルの車体重量(Mサイズで比較)は下記の通りです。耐久性や強度が同等であれば、重量は軽いほうがスムーズに走ることが出来ます。軽いほど坂道を軽快に登ることができ、漕ぎだしもスムーズです。同じ素材のフレームでもモデル毎に、変速機やブレーキ、ホイールなどパーツのグレードが変わることで、車体重量は異なります。

FX Sport Carbon 4 9.55 kg (Mサイズ)
FX 3 Disc 11.38 kg (Mサイズ)
FX 2 Disc 11.73 kg (Mサイズ)
FX 1 Disc 12.68 kg (Mサイズ)

カスタマイズするならFX

FXは街乗り、通勤・通学に便利なキックスタンドやリアラック、フェンダー(泥除け)を簡単に取り付けることができます。スポーツ性能/軽快さを重視しフレーム素材にカーボンファイバーを使用するFX Sportは、ラックやスタンドの取り付けは推奨されていません。街乗りや自転車通勤・通学メインなら、使いやすくカスタマイズできるFXがおすすめです。

オプションのリアラック

オプションのキックスタンド

各モデル別スペック比較

FX Sport Carbon 4

カラー/Dark Aquatic/Carbon Smoke

  • 価格:¥246,400 (税込)
  • ブレーキ:ハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキ
  • フレーム素材:OCLV 400フルカーボンフレーム(IsoSpeed振動吸収機構付き)
  • フレーム設計:スピード重視
  • フロントフォーク素材:カーボン
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:あり
  • 車体重量:9.55 kg
  • カラー展開:1色(カラー/Dark Aquatic/Carbon Smoke)

FX 3 Disc

カラー/Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade

  • 価格:¥99,000(税込)
  • ブレーキ:ハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキ
  • フレーム素材:アルファゴールドアルミニウム(クロスバイク用)
  • フレーム設計:安定性重視
  • フロントフォーク素材:カーボン
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:あり
  • 車体重量:11.38 kg
  • カラー展開:4色(カラー/Matte Dnister Black , Viper Red to Cobra Blood Fade , Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade , Crystal White)

カラー/Matte Dnister Black

カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade

カラー/Crystal White

FX 2 Disc

カラー/Satin Lithium Grey

  • 価格:¥81,400(税込)
  • ブレーキ:油圧式ディスクブレーキ
  • フレーム素材:アルファゴールドアルミニウム(クロスバイク用)
  • フレーム設計:安定性重視
  • フロントフォーク素材:アルミ
  • 車体重量:11.73 kg
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:なし
  • カラー展開:4色(Satin Lithium Grey , Satin Viper Red , Satin Nautical Navy , Quicksilver)

カラー/Satin Viper Red

カラー/Satin Nautical Navy

カラー/Quicksilver

FX 1 Disc

カラー/Rage Red

  • 価格:¥68,200(税込)
  • ブレーキ:機械式ディスクブレーキ
  • フレーム素材:アルファゴールドアルミニウム(クロスバイク用)
  • フレーム設計:安定性重視
  • フロントフォーク素材:スチール
  • 車体重量:12.68 kg
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:なし
  • カラー展開:2色(Satin Trek Black , Rage Red)

カラー/Satin Trek Black

納期の大幅な遅れが継続中です。お早めのご注文をおすすめします。

世界的なバイクやパーツの品薄状態が未だ続いておりますが、1月後半から毎日の様に目まぐるしく納期が変動しておりまして、納期が2~3ヵ月以上遅れてしまうモデルが出て参りました。
特に毎年人気のクロスバイク『FX3 ディスク』を含めた数モデルは、更に納期が大幅に遅れてしまいそうです。FX3 ディスクにつきましては、ブレーキをSHIMANOから他のメーカーへ変更する事で納期を改善し始めてますが、効果が出て来るにはもう少し時間が掛かってしまうと思われます。2022年モデルでの入手をご希望の方は少しでも早くご注文頂く事を強くお勧め致します。

あわせて読みたい
トレック店頭在庫&入荷予定情報 (2022/02/27現在) 最新の在庫状況は下記ページにてご確認ください。 そろそろ春が近づいて参りましたが相変わらずの世界的品不足により、入手困難や販売価格上昇などユーザーさんや私達販...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません。

目次