12月の営業日について、こちらよりご確認ください。

トレック 新型マドンSLR 2023モデル発表|TREK MADONE SLR

トレック・マドンSLRがフルモデルチェンジしました。複雑で未来的な形状のエアロフレームと、快適性を生み出すIsoSpeedは、新たに“IsoFlow”へと進化しています。トレック・セガフレード チームからの要望、“さらに速く、そして軽く”という要望に応え、トレックはOCLV800カーボンを開発。このカーボン素材は、以前のものより軽量で、かつ30%強度の高いものです。更にアワーレコードを樹立した世界最速のTTバイク”スピードコンセプト”の開発で用いた風洞実験で、新たなIsoFlowテクノロジーと、一体型ハンドルバーを採用しました。

結果、第7世代となる新型マドン SLRの重量は300g軽くなり、空力においては19Wのパワーが 節約され、1時間あたり60秒短縮*する新次元の速さを手に入れたのです。(*第6世代のMadoneで時速45キロ走行時と比較)

OCLV800

今回のフレーム開発を語る上で欠かせないのが、OCLV800カーボンの存在です。OCLV700に比べて強度が30%高まった OCLV800により、軽く空力に優れたデザインが可能となりました。

風洞実験で実際の状況を忠実に再現

2022年5月、エレン・ファン・ダイクがTTバイク“スピードコンセプト”で世界新記録と なるアワーレコードを樹立しました。今回のMadoneの開発においても、スピードコンセプトと同様に、ライダーが乗車しボトルが装着していることを想定しフレーム設計に挑みました。空力に影響するあらゆる 要素を取り入れたことで実際の状況を忠実に再現し、速さを追求したのです。

ISOFLOW TECHNOLOGY (アイソフロー テクノロジー)

新型マドンのデザインで目を引くのが、シートチューブ部に設けられた新たな空洞です。この特徴的な空洞が新開発されたIsoFlowテクノロジー。先代マドンと比較し空気抵抗となる気流の渦を軽減。空気の流れ、すなわち flow(フロー)が乱れることなく空力性を高めることが出来ます。

風洞実験データ

IsoFlow搭載のニューマドンの空気の流れ

先代マドンの空気の流れ

先代マドンとの比較、IsoFlowの空洞により気流の乱れが減少。 【解説】バイク正面から受ける気流(緑色線)の変化が無いほど乱れが少ない。

新たな一体型ハンドルバー

バイクとライダーは前進するため、空力が最も影響を受けるのは気流が最初に当たる正面です。新たな一体型ハンドルバーは、ブラケット幅を3cm狭くすることで、ライダーポジションが抵抗を受けにくくになり、エアロ性能がさらに高まりました。ドロップポジションでは幅広なため、コントロール性を高めることが可能です。

つなぎ目が無いシームレスデザイン。高い空力を発揮し、部品を減らすことで軽量化にも貢献しています。ハンドルサイズはドロップの幅が基準となります。42cmのハンドルの場合、ドロップ幅が42cm/ブラケット幅は39cmです。ニューマドンは、31.8径のステムとの互換性があり、ノーマルハンドル/ステムへ交換することでDHバーを使用できます。

先代モデルと比較して300グラムの軽量化

新たなIsoFlowテクノロジーと一体型ハンドルバーが、それぞれ約150g、バイク全体で合計300gの軽量化を実現しました。

フレームに秘められたメッセージ

第7世代のMadone SLRのトップチューブとシートステイのつなぎ目を横からよく見てみると、数字の「7」が描 かれています。これは、まさしく“第7世代”であることを伝えています。

ラインナップ

Madone SLR 9 eTap (SRAM Red Etap/ AEOLUS RSL 51) ¥1,756,700 (税込)

Madone SLR 9 eTap|Color : Viper Red (カラーは一例です)

Madone SLR 9 (SHIMANO DURA-ACE / AEOLUS RSL 51) ¥1,668,700 (税込)

Madone SLR 9|Color : Azure (カラーは一例です)

Madone SLR 7 (SHIMANO Ultegra Di2 / AEOLUS PRO51) ¥1,305,700 (税込)

Madone SLR 7|Color : Deep Carbon Smoke (カラーは一例です)

Madone SLR 6 (SHIMANO 105 Di2 / AEOLUS PRO51) ¥1,155,000 (税込)

Madone SLR 6|Color : Quest Smooth Silver (カラーは一例です)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブリッジバイクプロダクツのWEBサイト担当スタッフです。自転車歴は長い
ので、それなりに知識はあるほうですが、特に速い訳でも上手な訳でもありません。

目次